ウォーターサーバーの方式

ウォーターサーバーの方式

ウォーターサーバーの方式

ウォーターサーバーのタイプには、ワンウェイとリターナブルとよばれる2つの仕組みがあります。ウォーターサーバーの導入を考慮するなら、ワンウェイとリターナブルという仕組みについて認知しておきましょう。

蛇口を通って水が出てくるのはどちらも同様ですが、飲み終わった後の始末方式が違っています。ワンウェイ方式というのは、ウォーターボトルが使い捨てのものをいい、なくなったらそのまま廃棄できます。平均的なサーバーの場合は水が減るとボトル内に空気が入り、衛生的にあまりいいとはいえません。

ところがワンウェイ方式を採用しているウォーターサーバーですと、水が減っても空気が入ることがなくボトル自体がへこんでいくのです。使い終わった頃にはボトルはつぶれて平べったくなってしまうのが、ワンウェイ方式というわけです。

ボトル内はほぼ無菌状態になるので衛生的に何の問題もなく、サーバーを手入れする手間もありません。リターナブル方式に関しては、使用済みのボトルを会社に返却しそれを再利用が行われることになります。

水の保管、空になったボトルを保管することもおこないます。以前からあるウォーターサーバーでは、多いのはこのタイプでしょう。

リターナブル方式を使用するなら、年に1度か2度のメンテナンスが欠かせません。ワンウェイ方式と比較して料金が割安なのも、リターナブル方式のよい点です。どちらにも利点があるので、ウォーターサーバーの設置に当たってはそれらを考慮したうえで決めるようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ