ウォーターサーバー解決ナビ

ウォーターサーバー解決ナビ

ウォーターサーバー解決ナビ

ウォーターサーバーを家でも利用してみようと思う際に気がかりなのは、電気代という人は多いのではないでしょうか。
ウォーターサーバーを家庭内に導入した時には、電気代や水の代金、その他にもメンテナンス料金がかかり、その上ウォーターサーバーの設置料が必要です。ウォーターサーバーが消費する電力にかかるお金は、大きさや種類が変われば違ってきますが1000円程度と考えると良いでしょう。

ウォーターサーバーは、一年ごとに一回程度サーバーを替え、手入れをしなければなりません。

この時にかかるメンテナンス代として5000円前後費用を請求する業者もありますが、無料で行う業者もいます。契約する場合には、そうしたメンテナンスにかかる費用についてもチェックしておくとよいでしょう。

それから水代に関してですが、このお金は言うまでもなく使う頻度がどれほどかによってかなり変わってきます。水をたくさん使用すればそれに応じて水料金は増えていきますが、逆をいえば使用しなければ料金は安く済むわけです。
どんな種類の水を注文するかで水の請求額は変化しますが、12リットルくらいのボトルなら1本約1500円のところが多いようです。

ウォーターサーバーを設置したら初っぱなのボトル1本は無料としてくれる業者も多くありますので、事前に確認するようにしてください。ウォーターサーバー費用として全体をまとめると、電気代、メンテナンス料金、水をボトル1本としたなら約6000円で利用できる計算です。

しょっちゅうペットボトルの水を買うことや電気ポットでの給湯などと比較すれば、それほど高いものではありません。
何はさておき、手軽に美味しいお水が飲めるというにが、最大の魅力なのです。

ウォーターサーバーを設置するメリット

ウォーターサーバーのメリットと言えば一番には「いつでも温水・冷水が使える」という事です。常に冷たい水や暖かいお湯が使えるのは本当に便利で、光熱費の削減にもつながります。

また、スーパーなどで買うミネラルウォーターと違い、自宅まで宅配してくれるのも大きな利点。水は大量に購入すると運ぶのが非常に大変ですが、ウォーターサーバーなら業者が家まで運んでくれます。また不在時に宅配されても再配達が可能なので、時間を気にする必要もありません。さらにウォーターサーバーなら、天然水やRO水を飲むことが出来る為、美味しい水や安全な水を選び飲むことが出来ます。現在では一つの会社で複数の水を選択できることが多く、気分によって水の種類を変えることも可能なのです。

ウォーターサーバーはどんな種類の機能を持っているか?

ウォーターサーバーの機能は細かい部分では個々の会社で違いがありますが、一般的な機能や装備はほとんど一緒です。ここでは今まで使ったことのない初心者のためにウォーターサーバーの基本的な機能を説明したい。ウォーターサーバーを実際に利用した経験者が語るメリットやデメリットだ。

温水、冷水機能とこれは、すべてのウォーターサーバーに標準的についてくる機能である。温度設定はウォーターサーバーによって違いがあるけれども、温水は、80℃~90℃と冷水の5℃が設定できる。それはちょうど冷たすぎない温度で、熱いコーヒーやインスタント食品を作る時に最適な温度である。冷水も満喫できて温水も出る。それは非常に便利です。

誰も家にいない時に、子供が心配ならセーフティ・ロック付の製品を選ぶと良い。小さい子供には温水レバーを使えないようにしてあるので、事故を防ぐことができる。従って、セーフティ・ロックを持つサーバーは、小さい子供はいる家に最適だ。

またボトルは無菌の空冷方式であるから水の新鮮さを保持する。この水のパックシステムは、主に使い捨て型タイプのボトルに採用された機能。それがガロンタイプのボトルに適用できないシステムである。従って、ウォーターサーバーを選ぶ時には、忘れずにボトルタイプをチェックしてください。平均的なウォーターサーバーの機能ですから。

温水を周期的に循環させる機能もある。清潔に水を保存できる省エネルギーモードを保持するメーカーのウォーターサーバーを慎重に比較してください。省エネルギーモード機能は大切でそれは1ヶ月の電気料金に大きくかかわります。多くのメーカーは1000円から約1500円ですが少し高価であると感じた人もいるかもしれない私は温水が使えるポットやクーラーボックスの電気料金よりは安いと考えています。

赤ちゃんのミルクにもウォーターサーバーが最適

ウォーターサーバーの水はミネラルも低く、赤ちゃんのミルクにも最適です。衛生管理もしっかりしているので、煮沸などの必要も無いので非常に便利。またお湯がすぐに使えるので、夜中にミルクを上げる時もすぐに作ることが可能で、お母さんもおお助かりです。

ホーム RSS購読 サイトマップ